アラフィフ私のまだまだ人生楽しみますブログ

【移住後編】国際結婚で2017年12月にサンフランシスコへ。40代アラフィフ関西女の新しい土地でのカリフォルニア生活を綴る。元気な老後を目指していきたい♪  

2017年9月フィアンセビザ取得者からのお助け情報【医療保険編 入国時の保険どうすればいい?】

f:id:himawari0619:20180214065419j:plain

 

 2017年12月にフィアンセイビザでアメリカ入国し、 現在グリーンカード申請準備中のhimawariです。

 

以前、下記のフィアンセビザ申請書類関係の情報を書きました。今回は、フィアンセビザ者の医療保険の情報(あくまでも私自身の情報)を書きたいと思います。

 

www.himawari0619.com

 

婚約者の医療保険にいつ加入できるか

 

更年期で身体にガタがきているアラフィフとしては、アメリカ入国後、医療保険なしで生活するなんてリスクが高すぎ💦 彼の保険にいつ加えてもらえるかは書類同様重要なポイントでした。その時期がリサーチをしてみても色々で結構悩みました。結婚してから?グリーンカード取得してから?などなど。

 

ご存知の通り、アメリカの医療保険はとても複雑です。色々リサーチしてましたが、こちらのサイトが結構参考になりました。

 

短期医療保険 - 健康保険USA

 

医療保険をきちんと理解してから、次のステップを考える・・なんて脳がなくなりそうな勢いでした。そうでなくても、フィアンセビザ取得で脳を使い果たしているのに(涙)

 

ということで、下記のことをまず始めれば、医療保険に関して時間削減、貴方の脳も極力疲れなくて済むかもしれません。

 

お助けステップ

 

彼に彼の会社にいつ加えてもらえるか確認依頼。

 

それと並行して

 

貴方が居住する州にある日本人がいる保険会社をリサーチ。

経験者の方からのアドバイスをいただいてアメリカの保険会社を調べてみたりしましたが、英語の内容がいまいち理解できず。英語にアレルギー反応がある貴方であれば、日本人がいる保険会社をお勧めします。

 

私のリサーチの結果はこんな感じ👇

 

彼の会社

私のパスポート情報(フィアンセビザ含む)で、一月一日から加入可能だと回答。年に一回の切り替え時期に重なったからみたい??!! 未だにその理由は理解できてませんが。とりあえず、そんなに早く加入できるとは思わなかったのでびっくり&安心しました。

 

日本の保険会社 

カリフォルニアで一件コンタクトしました。日本人担当なので、メールでの質問もすべて日本語でき、安心して加入することにしました。保険内容もよくわからなかったので、担当者からのアドバイスで移民保険に加入。短期保険というものもあるそうです。私の条件(12/18~12/31まで)から一日単位で加入できる移民保険をチョイス。(短期保険は一か月単位で加入やその他もろもろ条件が私の希望に合わず)

 

保険料($38前後)をカードで引き落とすにあたって、メールで伝えるを避け、スカイプで直接会話。スカイプでも契約内容をもう一度確認できたので良かったと思っています。

 

 

利用した保険会社がこちら👇

http://insurance110usa.com/

 

加入を決めたものの、下記のような疑問がふいに沸き上がってきましたが、メールで納得なできるまで質問でき、解決できました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本出国のいつまでに保険加入手続き必要か?

万が一、彼の保険の加入する時期が予定より遅れた場合、加入する保険は延長可能か?いつまでに延長可能手続きをすればいいか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それともう一つ、確認すべきがアメリカへ渡航するときの保険。

一枚は持つべき、クレジットカードに付帯している保険サービスで、海外渡航に対応するものがあります。それを利用することにしました。

 

普段、海外旅行時に使っている空港などで加入できる海外旅行保険は、帰国時の予定も記入する必要がありますし、私たちは旅行者ではないし。・・・ということで、カードに付帯している保険サービスを利用したのです。

 

私の場合ですが、アメリカで日本口座のお金を引き出せるように、スルガ銀行ANA支店の口座を開設していました。(都市銀行などない片田舎に住んでいたので、アメリカで使うカードを作る必要がありましたもので・・) 事前に、このサービスについて、帰国時の予定を伝えることも必要なく、トラブルがあった時に記載の連絡先にコンタクトをとればいいと電話で確認もしていました。

 

あくまでも私の場合の情報です。一番重要になってくるあなたのフィアンセの会社の保険の種類などで、加えてもらえる時期も変わってくるかと思います。

 

医療保険なしで、しばらく生活されている方も沢山いらっしゃるようですが、私の場合、不健康との隣り合わせの状態だったので必須でした。もし、私と同じように医療保険を気にされているあなたに、お役に立てられたなら幸いです。

 

他の記事に書いてますが、アメリカ入国後すぐになんとインフルエンザにかかってしまった私。その時、結局、頑張って探した保険会社ではなく、彼のかかりつけの病院にお世話になったんです。なんじゃそれって感じですが・・(◎_◎;) また、その時の記事は後で書こうと思います。

 

備えあれば患いなし!