読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフィフ私のまだまだ人生楽しみますブログ

国際結婚&アメリカ移住準備中。40代アラフィフ関西女子の山あり谷あり田んぼありの人生観綴ってます。  

素敵な夫婦の物語

 

 こんにちは。喉が痛みがなかなかひかないアラフィフ独身女子のhimawariです。

 

 素敵な夫婦の歌を、その歌の誕生秘話と一緒にご紹介します。

 

 

 愛のカタチ / 中村つよし

 


愛のカタチ 中村つよし

 

この歌は、とても深い愛の物語の歌です。

 

アルツハイマー認知症を発症してからも、65年間連れ添った夫の名前を生涯忘れなかった祖母に、 孫の歌手・中村つよしさんが捧げた歌です。

 

1939年、横出義光と八千子は出会ってすぐ、恋に落ちた。

 

当時、義光には許婚がいて周囲は反対したが、二人は愛を実らせて結婚。 やがて一人娘の一見も授かり、夫婦は寄り添いながら長い年月を共に過ごした。

 

しかし夫・義光は80歳を超えると入院生活に。

 

この頃、八千子は『1日でも1時間でも義光さんより長生きしなくちゃあきまへん。ウチがいなくなったら、義光さんが困りまっしゃろ?』 と言うのが口癖だったという。

 

ずっと夫の側についてやりたい八千子だったが、病院では面会時間が決まっている。 病室に行けないとき、八千子は家の前にイスを出して座った。それは夫がいる病室の窓を見るためだった。

 

だが夫・義光は2004年2月に永眠。

 

その葬式の直後に八千子は突如、アルツハイマー認知症を発症した。

病状は日に日に悪化し、彼女は一人娘のことも、やがて自分の名前すら忘れた。

そんな八千子が最後まで決して忘れなかったのは、愛する夫・義光の名前。

 

その姿に感動したのが、孫で歌手の中村つよしである。

 

中村『記憶を失う病に自分がかかった時、最後に一人だけ覚えておけるとしたら、誰のことを覚えておけるんだろう。

おばあちゃんのおじいちゃんに対する真実の愛、それを「カタチ」に残せないかなと思ったんです』 そういう想いから「愛のカタチ」は生まれた。

 

記憶を失っていく祖母のために、中村つよしはこの歌詞を刻んでいった。

 

『幾年老いて あたしの記憶を 病がいたずらに食らえども 愛子の名を忘れ わが名を忘れ それでもあなたを忘れません』

 

2004年8月。八千子は夫の死から半年後、後を追うように永眠した。

 

八千子が生前、イスに座っていた本当の理由をポツリともらしたことがある。 八千子『あれは、義光さんの病室を見ているんじゃなくて、義光さんに私の姿を見てほしかったのよ』

 

(「誰も知らない泣ける歌 」オフィシャル・コンピレーションアルバム 「愛のカタチ」のエピソードより)

 

涙が止まりませんでした。

 

悲しいのではなく、すごく心があったまって心が洗われた感じがして

涙が止まらなかったのです。

 

 目の前の大事な人と、何気なく過ごしている毎日。

 一緒に居れることの貴重な時間を大事にしたい☺

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ    にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村