アラフィフ私のまだまだ人生楽しみますブログ

【移住まえ編】国際結婚&アメリカ移住準備中。40代アラフィフ関西女子の山あり谷あり田んぼありの人生観綴ってます。  

アメリカ人の彼のお母様が亡くなられた。

f:id:himawari0619:20171112155229j:plain

 

 

一度、お会いしたかった彼のお母様。

 

先月29日に亡くなられて、今日がお葬式でした。

 

85歳でした。

 

去年の12月に倒れてから、身体にマヒが残り、24時間の介護が必要になっていました。それでも、毎日、少し身体を動かすことができていましたが、どんどん弱っていっていたそう。

 

彼は西海岸、お母様は東海岸に住んでいるので、そうそう顔を見に行くことができない環境です。

 

10月20日頃だったでしょうか、彼からお母様に電話で最後の言葉をかけました。お母様は、声を出すことも難しかったらしいですが、傍にいた彼のお姉さんが取次ぎをしてくれたので、彼が電話口に居るとちゃんと理解していたそうです。

 

その最後の電話から、半月近く、毎日お姉さんから、お母様の容体を聞いていた彼。

 

もうダメそうだ・・・

 

もうダメだろう・・・

 

毎日、こういった言葉を聞くのが彼はつらかったといってます。

 

お母様が亡くなる心準備はしていたので、思ったより元気だよ・・。

 5人の子供や孫、ひ孫に囲まれ、お母様は幸せな人生を送れたに違いないし、そんな彼女を嬉しく思う。

 

・・・と彼の言葉。

 

二日前、東海岸の家族の元に行き、心も和らいだと言っていたので、私も安心しました。

 

私との結婚を喜んでくれていた彼のお母様。

 

来年の春くらいにお母様に会いに行く予定でした。お会いすることができなかったので本当に本当に残念です。

 

 

 

約一か月後には二人の生活が始まります。

 

傍にいることで、彼の心の支えになればなと思う毎日です。

 

 

余談です。アメリカのお葬式事情がわからない私。お悔みカードと、彼とお母様の素敵な写真を見つけたので、フォトフレームに入れて送ろうかと思っています。このお悔みカードですが、近所ではなかなか見つからず。結局、やっとネットで購入することができました。ネットでも品数もなかったので苦労しました。

 

アメリカ引っ越し準備 【使い捨てカイロと湯たんぽは必需品なんです】

f:id:himawari0619:20171105114455j:plain

 

12月クリスマス前にカルフォルニアに引っ越すhimawariです。11月に入り,気だけなんか焦ってきました(;''∀'')

 

生活必需品をピックアップしている最中。その中で最も大事なものの話。

 

以外?と思われるかもしれませんが、この3点👇👇👇

 

 

 

 

使い捨てカイロ

湯たんぽ

毛布

 

 

 

カルフォルニアはパームツリーがあったり、年中タンクトップにビーサンとか、暖かいイメージがありますよね。でも、海の近くは風がいつも冷たくて、夏でも日陰に入るとさぶいぼ(鳥肌のこと)ができるくらいです。

 

引っ越し先はカリフォルニアでも北のサンフランシスコ。カルフォルニアにこんなんいるの~と思われがちなんですけど💦 絶対に必要になる!とあたくしは断言したい。

 

サンフランシスコ気候はこんな感じです👇 

 

サンフランシスコ
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月 11月 12月
最高気温(℃)
13
15
16
18
19
21
22
22
23
21
17
13
最低気温(℃)
5
7
8
8
10
11
12
13
13
11
8
6
降雨量 (mm)
110.5
80.5
77.7
34.8
4.8
2.8
0.8
1.3
5.1
31.0
72.6
78.5

 H.I.S. サンフランシスコ 基本情報・気候から引用

 

サンフランシスコは、霧の街といわれるくらい、霧も多く、海にも囲まれているので朝晩はほんとに寒いです。12月や冬には行ったことはないのですが、過去、南のサンディエゴに住んでいた経験より・・の判断です。

 

 

使い捨てカイロの話。

 

f:id:himawari0619:20171105114520j:plain

 

EMS(国際郵便)で送れます ✌✌

 

ただし、国際郵便による郵送が可能な使いすてカイロを販売する事業者一覧というのがあるので、それに注意しておかないとダメ。そうでないと、没収とかなってしまうかもしれませんから。大事な大事なカイロを没収などされては悲しすぎます。

 

コチラのリストをチェック👇

国際郵便による郵送が可能な使いすてカイロを販売する事業者一覧 - 日本郵便

 

これを見ると、えらい沢山販売事業者があったのだと逆にびっくりさせられました。

これ以外の事業者を探す方が難しい気がしないではないが。

 

湯たんぽの話。

皆さんお使いですか? あたくし、湯たんぽ8年ほど愛用してます。とってもお勧め💛

昔の湯たんぽのイメージとは違い、最近は軽いし使いやすい素材になってます。

 

個人的にはこれが今お気に入り👇

大きい容量なんですけど、少量の方は立たないので不便さを感じて使わなくなってしまいました。

 

f:id:himawari0619:20171105114540j:plain

 

だって、これ立つんです。お湯を入れた後に袋に入れますが、とても入れ易い。そして、水を捨てる時がこれまた便利なんです。シンクに向けて立たせて置いておくだけで、ジャ~と勝手に流れます。これがほんとに楽。

f:id:himawari0619:20171105114636j:plain

この赤い袋は湯たんぽに一緒についてくる袋。これを使っても全然大丈夫だと思いますが、結構生地が薄めで、低温やけどがきになる私は他のもう少し厚めの袋に入れて使っています。

 

デザイン的にはちょっともっさいかもしれないですが、お洒落なものでも水を捨てる時の面倒くささを考えてみてください!!

 

湯たんぽは、デザインより便利性で選ぶべし☺ 特に面倒くさがりな人は('◇')ゞ

 

寝る前一時間くらい前に布団に入れておくと、就寝時足が冷えて寝れないという悩みはなくなります。電気毛布は体の水分を取りすぎだとか、靴下は足の発汗機能によくないとか言われます。でも、身体を温めたいという時には、やはり湯たんぽがいいんです♪ 

 

冷え症の方には是非お勧めしたいです。

 

えらく湯たんぽを熱く語ってしまいましたが・・先に進みますね☺

 

毛布の話。

 

以前サンディエゴに三年ほど住んでましたが、その時も冬は寒かった💦薄いペラペラの布団しかなかったので、ほんとに寒い時は、敷布団にホカロンを貼って寝ていたものです。日本で使っているよなあったかいウールの毛布っていうやつですか・・あれを使っている人を見たこともなかったんですよね。ホストファミリーの家に住んでいたし、いつ日本に帰るかもわからなかったので、わざわざ新しい布団を買い足すのもなんだかな~と思い、寒いのを結構我慢して三年冬を越しました。

 

そのつらい思いがあり、今回は、あったかい毛布を持っていこうと思ったわけです。引っ越すところは洗濯機がないので、(以前にブログで取り上げた悲しい話です)とりあえずは、薄手毛布。ダブルサイズとか絶対無理なので、自分だけ用のシングルサイズ 苦笑。

 

個人的なことですが、寝るときは、とっても薄着が好き。(・・・というかタンクトップにショートパンツみたいな感じ 苦笑)。それもあり、布団はたっぷりかぶって寝たいんですよね。

 

毛布の話次いでですが、羽毛布団も持っていく準備万端!! (20代嫁に行った時から使っている羽毛布団を今回打ち直しました。)

 

とりあえず、この三つを一番に送ろうかと思ってます。

 

これで寒さ対策万全です!

 

 

楽しみ♪ カリフォルニア生活!